ブリッジ治療について

ブリッジ治療とは

歯が抜けた後、そのまま放置していると、隣にある歯が倒れ込んできたり、向かい側にある歯が伸びてきてしまったりします。このようになると噛み合わせのバランスにも影響が少なくありません。そのため、抜けてしまった歯の部分を補うため、入れ歯、ブリッジ、インプラントなどの治療が必要となります。ブリッジ治療では、人歯を失った部分の両隣の歯を土台として、そこに数本分の歯が連なった形の被せ物を、橋渡しのように被せる治療方法です。ブリッジでは、ブリッジと支台歯の境目がむし歯になりやすいためきちんとしたブラッシングを行うなど注意が必要です。また、2本の支台歯で、数本分の噛む力を支えることから、支台歯を痛めやすい傾向があります。

ブリッジ治療で起こりがちなリスクについて

歯を1本失い、その両隣りの歯を削り、支台歯としてブリッジを被せます。これからは2本の支台歯で3本分の力を受け止めていきます。やがて支台歯がむし歯になり、神経(歯髄)までむし歯におかされてしまいました。歯の無い部分は歯を支える骨(歯槽骨)が退縮しています。こうなると抜歯となり、また隣りの歯を支台歯にしてブリッジにするといったことが必要になります。

ブリッジ治療のメリット

・義歯を固定してしまうので違和感が少ない。
・金属のバネがないので見た目を自然にできる。
・健康保険適用で治療を受けることができる。

ブリッジ治療のデメリット

・ブリッジを被せるために、両隣の歯を削る必要がある。
・支台歯はより多くの噛む力を負担することになるため痛めやすくなる。
・歯の抜けた部分の骨が衰えていきやすいので骨と共に歯ぐきも下がり隙間が拡大する場合がある。

コンテンツ

★ 歯を失った場合の治療法
部分入れ歯をご検討中の方へ
部分入れ歯の種類について
保険の部分入れ歯について
ブリッジ治療について
インプラント治療について
他人に気付かれたくない方

★ コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)について
コーヌスクローネについて
テレスコープ義歯について
コーヌスクローネの症例

★その他
よくあるご質問 Q&A
コーヌスの料金について