コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)とは

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)とは

ドイツ生まれの入れ歯「コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)」

「コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)」は、ドイツで生まれた高性能な入れ歯のことです。コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、保険の入れ歯のように金属のバネが無いため審美性も高くできます。また、入れ歯がしっかり縦方向の力で固定されるため、入れ歯が動かなく、非常に噛みやすいといった優れた特徴がある入れ歯です。

「茶筒」の原理で入れ歯がしっかり維持される「コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)」

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、従来の入れ歯のような、歯に引っ掛ける金属のバネは使用せず、「茶筒の原理」を利用して入れ歯を維持します。実際、茶筒は本体を強く振っても蓋が外れませんが、蓋側に「じわっとした力」をかけると簡単に外れます。このコーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)はまさにこのような原理を取り入れた入れ歯なのです。

コーヌスクローネの「内冠」と「外冠」

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、残せる歯を支台歯とし、その支台歯に内冠を装着し、そこに義歯と一体化した外冠を被せる方式です。茶筒のように、内冠と外冠の摩擦力で入れ歯を維持するため、外れにくく、しっかり噛めるようになる入れ歯です。

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、「取り外しが可能」なだけでなく、精密に作られているため、汚れや食べかすが入りにくいメリットもあります。

歯周病の場合にコーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)が適していることがあります

また、コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、一般的な入れ歯と違い、歯にかかる力が縦方向であるため、金属のバネを使った入れ歯のように、歯を揺さぶる動きをしないため、残っている歯への影響を最小限に抑えることが出来ます。また、床の部分はとても小さく作れるため、審美性も高い特徴があります。茶筒の原理でしっかり固定され、良く噛むことができます。

さらに、歯周病が進行している場合、残っている歯がグラグラと動揺しているケースも少なくありません。そのような場合、コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)では、揺れている歯同士を連結し、固定する事ができるため、コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)の使用で、歯の動揺が収まることもあります。

インプラントのできない場合にはコーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)がおすすめです

インプラントのあごの骨に埋め込む手術が怖い、避けたいといった場合だけでなく、糖尿病などの持病でインプラントができないと言われたなど、インプラントができないケースにコーヌスクローネはおすすめできます。コーヌスクローネは、インプラントのような「外科手術の必要がない」ため持病のある方でも問題ありません。さらに「噛み心地が良い」「床の部分が小さく審美性が高い」ことなどから、インプラントができないケースでも、コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)を選ばれる方が多い傾向があります。

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は高度な技術が求められる

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、製作に「非常に高度な技術が必要」なため、限られた歯科医院でしか対応していない現状があります。当院では、蓄積してきた長年の経験と技術により、コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)を提供可能となっております。

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)のメリット

  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、インプラントのような外科手術は必要ありません。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、バネが無いので、審美性が高い特徴があります。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、茶筒の原理でしっかりと固定され、自身の歯に近い感覚で噛むことが出来ます。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、一般的な入れ歯よりも義歯全体が小さいため、違和感が少ない特徴があります。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、一般的な入れ歯のような、横揺れの力が発生しないため、土台となる歯の負担が軽いという特徴があります。

コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)のデメリット

  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)は、健康保険適用外のため費用が高額になります。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)では、非常に精巧な技術が必要なため、対応できる歯科医院が少ない。
  • コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)では、土台となる歯は、内冠を被せるために削る必要があります。

コンテンツ

★ 歯を失った場合の治療法
部分入れ歯をご検討中の方へ
部分入れ歯の種類について
保険の部分入れ歯について
ブリッジ治療について
インプラント治療について
他人に気付かれたくない方

★ コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)について
コーヌスクローネについて
テレスコープ義歯について
コーヌスクローネの症例

★その他
よくあるご質問 Q&A
コーヌスの料金について