インプラント治療について

インプラントとは

インプラント治療とは、歯を失った部分の顎の骨に、チタン製の人工歯根を外科手術により埋入し、そこに人工の歯を装着する治療法です。いわゆる「差し歯」は歯根が残っている場合に行う治療であり、「インプラント」は歯根がない状態の歯が完全に無い部分に行う治療です。インプラントは、噛み心地も良く、見た目も天然の歯のように仕上がります。
インプラントは、スウェーデンのブローネマルク博士が、実験を終えたウサギのすねに埋め込んだ生体顕微鏡用のチタン製器具を取り出そうとしたところ、しっかりと骨にくっついていることに気付き「チタンが骨に結合する」ことがわかりました。その後、人間に臨床応用されるようになり、現在まで様々な改良が重ねられ、現在のインプラントとなっています。

インプラントのメリット・デメリット

メリット

  • 自分の歯のように良く噛めるようになる。
  • 骨が痩せるのを防ぐことにつながる。
  • 見た目が自然に仕上がる。
デメリット

  • 健康保険適用外の治療となるため治療費が高額になる。
  • あごの骨への外科手術が必要になる。
  • 治療期間がブリッジや従来の入れ歯と比べて長い


コンテンツ

★ 歯を失った場合の治療法
部分入れ歯をご検討中の方へ
部分入れ歯の種類について
保険の部分入れ歯について
ブリッジ治療について
インプラント治療について
他人に気付かれたくない方

★ コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)について
コーヌスクローネについて
テレスコープ義歯について
コーヌスクローネの症例

★その他
よくあるご質問 Q&A
コーヌスの料金について