保険の部分入れ歯について

保険の部分入れ歯とは

保険の部分入れ歯は、「人工の歯」と、歯を失った部分の粘膜の上に乗る、人工の歯が付いたピンク色の「床(しょう)」、これらを残っている歯に引っ掛けて固定するための、金属のバネ(クラスプ)から構成されます。保険の部分入れ歯の材料は、人工の歯と床の部分は「プラスチック(レジン)」で、バネ(クラスプ)の部分は金属です。

保険の部分入れ歯のメリット

・健康保険適用のため費用負担は少ないです。
・お口の中の型を取ってから比較的短期間で完成します。
・適用範囲が広いため、多くの症例に対応します。

保険の部分入れ歯のデメリット

・金属のバネを歯に引っ掛けるため、審美性を失います。
・床の部分に使われているプラスチックは強度を持たせるために厚めに作ることから、お口の中に違和感を感じることがあります。
・バネを引っ掛けた歯を揺さぶる力が働き、その歯を痛めるリスクがあります。

保険の部分入れ歯では、健康な歯の中からバネを引っかける歯を選び、その歯にバネを引っかけて、入れ歯をお口の中に固定する方式です。このような方式であることから、どうしても入れ歯は安定性に欠け、入れ歯が動くことで、バネが歯を揺さぶったり引き抜くように働き、年月とともに歯をダメにしてしまうリスクがあります。

実際、ドイツではバネのある入れ歯は使用されなくなっており、ドイツのKiel大学の教授による「補綴学」の本にも、バネのあるタイプの入れ歯が、バネを引っ掛けた歯を引き抜く働きをすることについて、詳しく掲載されています。

コンテンツ

★ 歯を失った場合の治療法
部分入れ歯をご検討中の方へ
部分入れ歯の種類について
保険の部分入れ歯について
ブリッジ治療について
インプラント治療について
他人に気付かれたくない方

★ コーヌスクローネ(コーヌス入れ歯)について
コーヌスクローネについて
テレスコープ義歯について
コーヌスクローネの症例

★その他
よくあるご質問 Q&A
コーヌスの料金について